松原メイフラワー病院

最近の記事

2018年7月23日:腰痛について

腰痛の原因

腰痛症の原因はさまざまですが、腰痛のうち原因が特定できるものは15%程度と言われています。代表的なものは圧迫骨折や椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などがあります。

一方、残りの85%はX線などの検査をしても原因が特定できないと言われています。このような腰痛では生活習慣や姿勢、ストレスや不安など心の状態が影響していることもあります。

今回は、腰痛に対する体操をご紹介したいと思います。

腰痛体操1

ウィリアムスの腰痛体操は、腹筋・大殿筋・ハムストリングス・背筋群のストレッチを行うことで、腰部にかかる負担を軽減することを目的とした体操です。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部を曲げる(前かがみ)で痛みが増強するような場合には適切な方法ではない事も多くあり注意が必要です。

マッケンジー腰痛体操の良い点は、それぞれ患者様の痛みを分類し患者様に合った内容で治療が行われる点が良い点であります。

そのため、痛みの正しい評価を行わずに体操だけを行うのは逆効果になる場合があります。

腰痛体操2

今回は腰痛体操をご紹介させて頂きました。

実際に腰痛でお困りの方はまず痛みの原因を特定することが重要であります。

当院では毎週月曜日の午後に腰痛外来を行っております。まずはご相談下さい。