松原メイフラワー病院

最近の記事

2018年8月17日:自助具について

厳しい残暑が続いていますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしですか??

さて、今月は自助具について、書かせて頂きます。

 

自助具とは、心身機能・身体構造上の理由(身体障害)から、日常生活で困難を来している動作を、可能な限り自分自身で容易に行えるように補助し、日常生活をより快適に送るために、特別に工夫された道具のことです。 (例 グリップを太くし握りやすくしたスプーン、ピンセット箸、ボタンエイド、コップホルダーなど)

自分自身では出来ないと諦めていたり、人に依存していたことが自助具を使うことにより可能になると、物理的に生活の幅が広がるだけでなく、精神的にも積極性が出てくるなど、自律生活を高める効果が期待できます。

 

では、当院にある自助具を一部ご紹介いたします。

 

スポンジハンドル

スプーン、歯ブラシ、ボールペンなどの柄を差し込み、太くして持ちやすくします。 握力の弱い方、指の細かい動きが苦手な方も、太くて弾力のあるスポンジゴムで持ちやすくなります。

DSC_0970

ピンセット箸

普通の箸にピンセット様の金具がついて、握るとものがつまめる様になっています。

DSC_0972

ボタンエイド

手指に障害がある人がボタンを留めるために、ボタン穴に差し込み、ボタンを引き出してボタンをかける道具です。

DSC_0973

ソックスエイド

股関節疾患や膝関節疾患などが原因で脚を曲げられず手がつま先まで届かなくなってしまった方が、自分で靴下を履くための自助具です。また妊娠中や腰痛など姿勢の制限で靴下を履きにくい方にも便利です。

DSC_0971

リーチャー

手の届かない所にあるものを掴み取ったり、たぐり寄せたりするための道具の一種です。

DSC_0974

この他にも自助具には様々な種類があり、自助具として既製品もあれば、100円均一などで売っているもので代用できるものもあります。また、ちょっとした工夫をすることで、手作り自助具を作ることができます。

 

是非、自助具を活用していただき、快適な日常生活をお送りください。

寝苦しい夜が続いています。くれぐれもご自愛ください。

2018年8月2日:8月に入りました

8月も7月に続き猛暑のスタートとなりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。7月の豪雨災害で被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。

猛暑かつ酷暑がまだまだ続きそうです、不必要な外出はできるだけ控えて体調管理をどうぞよろしくお願いします。201808院長イラスト

 

 

2018年7月23日:腰痛について

腰痛の原因

腰痛症の原因はさまざまですが、腰痛のうち原因が特定できるものは15%程度と言われています。代表的なものは圧迫骨折や椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などがあります。

一方、残りの85%はX線などの検査をしても原因が特定できないと言われています。このような腰痛では生活習慣や姿勢、ストレスや不安など心の状態が影響していることもあります。

今回は、腰痛に対する体操をご紹介したいと思います。

腰痛体操1

ウィリアムスの腰痛体操は、腹筋・大殿筋・ハムストリングス・背筋群のストレッチを行うことで、腰部にかかる負担を軽減することを目的とした体操です。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部を曲げる(前かがみ)で痛みが増強するような場合には適切な方法ではない事も多くあり注意が必要です。

マッケンジー腰痛体操の良い点は、それぞれ患者様の痛みを分類し患者様に合った内容で治療が行われる点が良い点であります。

そのため、痛みの正しい評価を行わずに体操だけを行うのは逆効果になる場合があります。

腰痛体操2

今回は腰痛体操をご紹介させて頂きました。

実際に腰痛でお困りの方はまず痛みの原因を特定することが重要であります。

当院では毎週月曜日の午後に腰痛外来を行っております。まずはご相談下さい。

2018年7月2日:7月に入りました

7月に入りました。関東地方は早々と梅雨明けのようですが、こちら関西はもう少し後のようです。気温も非常に高く真夏日の日もありますから、水分補給を忘れず体調管理にご留意ください。201807院長イラスト

2018年6月1日:6月に入りました

6月に入りました。梅雨入りも近いかと思いますが、天候が不順になる季節柄どうぞ体調管理には十分気を付けてください。
6月はリウマチ月間です。6月3日(日)日本リウマチ財団主催の講演会が東京の砂防会館別館で開催され、私もシンポジウムの座長として参加いたします。午後2時からは一般の患者様やご家族の方々も参加可能のプログラムとなっております。詳しくは財団ホームページからご覧ください。
http://www.rheuma-net.or.jp/rheuma/event/kouenkai20180603.html(院長 松原)201802院長イラスト

2018年5月1日:5月にはいりました

ゴールデンウィークの真っ只中ですが、お元気にお過ごしでしょうか。さわやかな陽気になりましたが、この季節、天候の急変による気温の変化も大きい日がありますので、どうぞ体調管理に気を付けてください。先週は、第62回日本リウマチ学会総会・学術集会が東京で開催されました。昨年後半から新薬やバイオ先発品に対するバイオシミラーの発売が続いています。これからも薬の選択肢が広がることが、患者様の治療効果の向上につながるよう努力を続けてまいります。201805院長イラスト

 

2018年4月2日:4月にはいりました。

4月に入りました。まさに満開の桜とともに新年度がスタートです。当院も内科医の堤医師、冨田医師をお迎えし、さらに内科の充実を図ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。201804院長イラスト

 

2018年3月22日:自助具について

日増しに暖かくなり、早春の息吹を感じるこの頃ですが、お変わりございませんか。

今回は『自助具』をご紹介します。

『自助具』とは身体の不自由な方が日常の生活動作をより便利に、より容易にできるよう工夫された道具のことをいいます。 道具を上手に利用することで関節への負担を最小限にし、日常の生活を行うことで痛みの軽減や関節の保護・変形の予防が期待できます。

 

≪食事の際に便利な道具≫

*太柄のスプーンやフォーク、いろいろなものに巻けるグリップ

持ち手を太くすることで握り易くなります。巻くタイプのものはナイフやフォーク、ペンや歯ブラシにも使えます。シリコン製やスポンジ製があります。

*角度調節スプーン・フォーク

首と柄の両方を食べやすい角度に曲げて使えます。可動域制限による動作困難を解消することもできます。

*グリップ付きの箸・ピンセットタイプの箸・クリップタイプの箸

少しの力で使えるお箸です。

自助具1自助具2

≪着替えの際に便利な道具≫

*ファスナーボタンエイド

ファスナーの上げ下げやボタンの留め外しが楽にできます。

自助具3

*くつ下エイド

前かがみならずにくつ下を履くことができます。

自助具4

 

≪身だしなみを整える際に便利な道具≫

*長柄くし・ブラシ

柄が長いので頭に手が届かなくても使えます。ブラシの角度や持ち手の太さを調整することもできます。

自助具5

≪入浴の際に便利な道具≫

*長柄の洗体ブラシ自助具6

柄が長いので背中など手が届きにくいところを洗えます。

 

≪炊事の際に便利な道具≫

*刃に力が伝わりやすい包丁

柄の部分を使いやすい角度に変えられ、テコの原理で刃に力が伝わりやすく手首への負担を抑えられます。

自助具8 自助具7

≪日常生活に便利な道具≫

*リーチャー・マジックハンド

手の届かないところにあるものを取ったり引き寄せたりできます。

自助具10        自助具9

*置いたまま使えるハサミや爪切り

テーブルの上に置いたまま上から押さえるだけで切ることができます。

自助具11

*指に巻いて使えるタッチペン

指の太さに合わせてフィットし、スマートフォンやタブレットを簡単に操作できます。

*ペットボトルオープナー

少しの力でペットボトルの蓋や飲料缶のプルトップを開けることができます。

自助具13

今回ご紹介させていただいた中に何か目に留まるものはありましたでしょうか?この他にも自助具は用途により様々なものが開発されています。ご自身に合った道具を選び、楽に日常の動作を行えるようにしましょう。道具選びでお困りのことなどありましたらリハビリまでご相談ください。

自助具14

 

*日本リウマチ友の会のHPでも自助具について紹介されております。ご参考になさってください。

http://www.nrat.or.jp/jijogu.html

2018年3月5日:3月に入りました

3月に入りました。春のような温かい日もありますが、また寒さが戻る日もありそうです。寒暖の差が大きい季節の変わり目には、体調不良から関節リウマチの症状が悪くなることもありますので、十分にお気を付けください。

3月3日にタイトル「ズバッと答える関節リウマチ ~患者さんからの85通の挑戦状~」(松野博明監修、松原司監修)が、日本医学出版から発売になりました。患者さんが疑問に思われることや主治医に尋ねたい85の質問に対して全国で活躍中のリウマチ専門医が回答しています。当院の外来および病棟にも置いておりますので、一度お手に取ってご覧いただきたいと思います。201803院長イラスト

2018年2月2日:病院スタッフのユニフォームを一新しました

2月1日より病院スタッフのユニフォームを一新しました!
看護部は通気性の良いスクラブタイプでスタイリッシュな印象に大幅イメージチェンジしました!看護師はえんじ色、看護助手はピンク色です。ここにクラークの水色も加わり、病棟の雰囲気は一気に華やかになったように感じます💖
事務部は黒と白を基調としたベストで統一しました。
他部署も今までの慣れ親しんだ雰囲気を一新し、気分も新たに従事しておりますので、皆様ご来院の際はぜひチェックしてみてください。 ナース助手さん
事務_a

次の10件 >