松原メイフラワー病院

最近の記事

2019年4月1日:4月に入りました

4月に入りました。まだ、肌寒い日もありますのでどうぞ体調を崩さないように気を付けてください。

新年度となり、当院も新しいドクターを迎え新たな体制となります。詳しくは当院HPをご覧ください。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。201904院長イラスト

 

2019年2月1日:姿勢の違いが腰に与える負担について

立位姿勢よりも座位姿勢の方が、楽に感じるという人が多いと思いますが、正しい姿勢で立ったときの腰椎への負担を1とした場合、座ったときは1.4倍以上、デスクワーク等で前屈みになる場合は1.8倍以上もの負担が腰にかかっています。

また、座り作業が続く場合、腰まわりの筋肉が硬くなり、血の巡りが悪くなることで虚血性の痛みが生じやすくなります。長時間同じ姿勢でいることで骨盤は徐々に後傾し、椎間板や椎間関節に過度の圧力がかかることで腰痛を生じやすくさせます。

長期間の悪い姿勢は腰のアーチが変形を誘発させ、体にかかる衝撃が吸収されにくく、周りの筋肉や軟骨、骨に負担がかかってしまうことになります。長時間の同じ姿勢はなるべく避け、体を動かして出来るだけ筋肉の疲労をとってあげるように心がけましょう。

201902リハブログ          図:腰への負担を数値化した場合(立った姿勢を100とした場合)

 

 

 

 

 

 

2019年2月1日:2月にはいりました

今シーズンのインフルエンザの流行は、兵庫県で警報レベル(定点あたり患者数30 人以上)が継続しています。

201902flu

 

 

 

兵庫県感染症情報センターサイトより

 

 

みなさん、次のことに留意いただき体調管理のほどよろしくお願いします。

インフルエンザの予防方法

  • 流行する前にインフルエンザワクチンの予防接種を受けましょう。
  • 咳エチケットを心がけましょう。
  • 帰宅したら手洗いを励行しましょう。
  • 適度な湿度(50~60%)を保持しましょう。
  • 十分な睡眠とバランスのよい栄養を摂ることを心がけましょう。
  • 外出時は、マスクを着用し、人混みはなるべく避けましょう。201902院長イラスト

2019年1月4日:新年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。本日より外来診療を始めております。

今年も職員一同、リウマチ患者さま、地域の皆様のお役に立てるよう日々の診療に精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。(院長 松原)201901院長イラスト

 

2018年12月20日:松葉杖での階段昇降について

(右足に体重を乗せてはいけない場合)

 

昇るときは、両手でしっかりと松葉杖が動かないように固定して、先に左足を段に上げます。それから、左足で支えて松葉杖を上げます。

降りる時は、左足で支えて、松葉杖を先に段に下ろします。それから、両手でしっかりと松葉杖が動かないように固定して、左足を下ろします。

昇る時も、降りる時も、必ず右足を着かないように浮かせています。また、階段に引っかからないようにしないといけません。階段昇降は、歩行より転倒の危険性が大きいので、十分に注意しなければいけません。

(医師から、松葉杖を使うように言われた場合、医師や、リハビリテーション科で理学療法士による指導があると思います。)

P1090160P1090159

2018年12月6日:12月に入りました

12月に入りました。季節外れの暖かい日が数日続きましたが、週末にかけてこの時期らしい寒さになりそうです。どうぞ寒さ対策をされて体調管理のほどよろしくお願いします。

さて、この度アバタセプトに関する論文がRMD openに掲載されました。

Abatacept in combination with methotrexate in Japanese biologic-naive patients with active rheumatoid arthritis: a randomised placebocontrolled phase IV study

Tsukasa Matsubara,Hiroshi Inoue,Toshihiro Nakajima,Kazuhide Tanimura,Akira Sagawa,Yukio Sato,Kei Osano,Shuji Nagano,Yukitaka Ueki,Tadamasa Hanyu,Koichi Hashizume,Norihito Amano,Yoshiya Tanaka and Tsutomu Takeuchi    https://rmdopen.bmj.com/content/4/2/e000813     (院長 松原)

2018年11月1日:11月に入りました

11月に入りました。朝夕の気温も低くなり肌寒さも感じるようになりました。冬に向かう中で、今年もインフルエンザの流行が懸念されます。リウマチ治療中の皆様は、特に病原体に対する抵抗力が低下気味になりますので、ぜひワクチンの接種をお願いします。201811院長イラスト

 

2018年10月29日:体の重心の位置、重心線について

10月も終わりが近づき、朝夕の気温差が大きくなってきました。

今回は、立っているときの重心の位置、重心線についてお話したいと思います。

 

人の重心は骨盤内で仙骨のやや前方にあります。重心の位置を足底から計測すると、成人男子で身長の約56%、女子では約55%の位置にあります。(重心の位置はプロポーションによって個人差があり、小児では相対的に高位にあるために立位姿勢保持が不安定となります。)

また、理想的な立位姿勢とは、後方および側方から観察して、次のような解剖学的指標が一直線に整列している場合をいいます。この直線はほぼ重心線に近似しています。

1⃣側方バランス

後方から見て、つぎの5指標が同一面にあって、垂直であるとき、側方バランスが良い。

①後方隆起②椎骨棘突起③殿裂④両膝関節内側の中心⑤両内果間の中心

2⃣前後方向のバランス

側方から見て、つぎの5指標が同一面にあって、垂直であるとき、前後方向のバランスが良い(成人男性)。

①耳垂のやや後方②肩峰③大転子④膝関節前部(膝蓋骨後面:膝前後径の前1/3⑤外果の前方

201810リハブログ

それぞれの指標と上の図を照らし合わせて、運動開始時、動作時などに、意識してみてさい。

2018年10月2日:10月に入りました

10月に入りました。先週末は大型台風の襲来がありましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。大雨や相次ぎ台風の発生で落ち着かない日もありますが、天気のよい日は散歩などして上手く気分転換をするようにしましょう。

9月22日(土)神戸国際会館で開催しました兵庫県リウマチ市民講座には大勢の方にご参加いただきありがとうございました。今後も患者様向けのイベントも企画していきたいと思います。院長 松原

201810院長イラスト

 

2018年9月3日:9月に入りました

9月に入りました。台風21号が近づいておりますが、どうぞ十分にお気をつけください。

さて、来る9月22日(土)神戸中央区にて市民公開講座を開催いたします。医師、薬剤師、看護師から関節リウマチについて分かりやすくお話しさせていただきます。事前の参加予約は不要ですので、ぜひお時間がありましたらご参加ください。

市民公開講座「これでストップ!関節リウマチ」

日時:9月22日(土) 14時から15時30分  *健康相談 15時30分から16時30分の予定

会場:神戸国際会館 9F 大会場

事前申し込み:不要  *お問い合わせは当院(0795-42-8851)まで 201809院長イラスト

 

次の10件 >