松原メイフラワー病院

最近の記事

2019年9月6日:フレイルについて

秋の気配が徐々に感じられる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は時々耳にすることがあるフレイルについてご紹介させていただきます。201909フレイル1

 

【フレイルとは】

2014年、日本老年医学会が高齢者が筋力や活動が低下している状態(虚弱)をフレイル(Frailty)と呼ぶと提唱した。

つまり、加齢により心身の活力(筋力、認知機能、社会とのつながりなど)が低下した状態であると言えます。 また、健康な状態と要介護状態の中間または移行する段階の状態を表す言葉とも言えます。

 

【フレイルの原因】

フレイルとはでお伝えしたように、加齢により様々な衰えが原因となっています。筋力や運動機能の低下、認知機能の低下、意欲や判断力の低下などが挙げられます。

また、呼吸器機能の低下や心肺機能の低下による活動の制限、関節痛や貧血などの慢性的に管理が必要な疾患もフレイルの原因となります。

さらに、筋力が低下すると基礎代謝量が低下し、エネルギー消費量が減少します。それにより食欲が失われ、それに伴い体重の減少、低栄養となります。

フレイルはそれぞれの体の状態が一つ一つ互いに影響し合い悪循環に陥るサイクルを形成します。

201909フレイル5

 

【フレイルになると どうなるか】

フレイル状態になると死亡率の上昇と身体機能の低下。さらに免疫力が低下し、病気にかかりやすくなり入退院を繰り返すことなります。

また、フレイル状態となり活動量が減少している中で、大きな病気や骨折などが起こると、心身状態の改善・回復を目指す機会が失われそのまま寝たきりになるという状況も考えられます。

 

【フレイルの評価基準】

以下の5つのチェックリストのうち3つ以上当てはまるとフレイルと判断されます。

 

1.体重減少:特に理由がないのに1年で体重が4.5㎏以上減った。

2.歩行速度の低下:歩行速度が10秒間で10m未満。

3.筋力・握力の低下:握力が男性 26㎏未満、女性 18㎏未満。

4.疲れやすい:週に3~4回程度、何もかもが面倒になり疲れたように感じる。

5.活動量が低下:軽い運動や体操、定期的なスポーツなどを行っていない。

 

 

指輪っかテスト

筋肉量を測定する方法です。

1.両手の親指と人差し指で輪を作ります。

2.ふくらはぎの一番太い部分を力を入れずに軽く囲んでみましょう。

 

結果

指で囲んですき間ができるようであれば筋肉量が減少している事が考えられます。

指で囲めないようであれば筋肉量は十分であると言えます。

201909フレイル3

【フレイルの予防】

1.適度な運動

加齢による筋力の低下は必ず起こります。

筋力の低下は基礎代謝の低下につながります。また、活動範囲が狭くなり家に閉じこもりがちになりますます日常生活内における運動量が低下し筋力低下が起こります。

筋力は人により個人差がありますので自分の体力に見合った運動量から始め、徐々に増やすように行いましょう。

まずはウォーキングを1日10分~15分程度から始めてみましょう。

 

2.バランスの良い食事

フレイルの大きな原因として低栄養が挙げられます。

特に高齢になるとたんぱく質の摂取量の低下があります。タンパク質は筋肉を作るのに欠かすことのできない栄養素です。高齢になると食後に作られるたんぱく質の量が低下します。そのため、成人よりも多くの量を摂取する必要があります。

具体的には体重1㎏当たり1gのたんぱく質を摂りましょう。卵1個、薄切り肉2~3枚、豆腐半丁などのいずれかを毎日食べるようにしましょう。

 

3.感染症の予防

高齢になると免疫力の低下が起こります。

免疫力の低下により普通ならば問題ないような菌やウイルスに対しても感染する可能性があります。また、感染した場合に重症化しやすくなります。それにより入院となり寝たきりとなる場合もあります。

まずは感染症にかからないようにするために普段からの手洗いやうがいは重要になります。

また、フレイルでは食事を飲み込む力も弱ります。それにより誤嚥することが多くなり誤嚥性肺炎の危険性も高まります。

誤嚥性肺炎を起こさないために、普段からの歯磨きなどの口腔ケアも重要です。

 

4.社会とのつながりをもつ

高齢になると意欲の低下や社会とのつながりが薄くなる傾向にあります。

また、筋力の低下などにより活動範囲が狭くなり家に閉じこもりがちになります。

家に閉じこもりがちになると人と接する機会が減り、時にはうつ傾向になる事もあります。

趣味を持つことやボランティアへの参加、公民館活動への参加することにより可能な範囲で無理なく人と接する機会を作るよう心がけましょう。

 

【サルコペニアとの違い】

サルコペニアとは加齢性筋肉減少症です。

主に筋肉量の減少を主とした筋力、身体機能の低下が起こる状態の事を言います。

主に身体面に注目しているのに対し、フレイルは運動処理能力や認知機能、日常生活での活動性や社会的環境なども影響しています。

 

フレイルは介護が必要となる前段階の状態であると言えます。

適度な運動などを行い楽しく充実した生活を送っていれば介護が必要となる事を避け、フレイルになることも予防できると考えます。

これからの季節、朝夕冷えてまいります。

お体にはくれぐれもお気をつけ下さい。

実りの秋はもうすぐです。

充実した生活を送りましょう。

参考文献、関連サイト:日本老年医学会、フレイル予防ハンドブック、みんなの介護、いろはにかいご、サルコペニア:定義と診断に関する欧州関連学会のコンセンサスの監訳とQ&A

201909フレイル4

2019年5月31日:リングスプリントのご紹介

青葉若葉の候、いかがお過ごしでしょうか?

今回は作業療法士が作製する装具(スプリント)の中から『リングスプリント』をご紹介します。

‘スプリント’とは、作業療法士が患者様お一人お一人の症状に合わせて作製するもので、関節リウマチ患者様におけるスプリント療法は①安静を保ち②関節を保護しながら③変形の進行を防ぎ、日常生活をしやすくすることを目的としています。201905

『リングスプリント』は手指にボタンホール変形やスワンネック変形、Z型変形のみられる患者様を対象としており、装着することで動作時の痛みの軽減や変形によるつまみ・握り動作の改善が期待できます。

また、作業療法士の作製するスプリントは熱可塑性プラスチックを用いることが多いため、腫脹の変化やスプリントが合わない場合の調整が容易なことが利点として挙げられます。

201905a

出典:メジカルビュー社『リハ実践テクニック 関節リウマチ』
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月1日:姿勢の違いが腰に与える負担について

立位姿勢よりも座位姿勢の方が、楽に感じるという人が多いと思いますが、正しい姿勢で立ったときの腰椎への負担を1とした場合、座ったときは1.4倍以上、デスクワーク等で前屈みになる場合は1.8倍以上もの負担が腰にかかっています。

また、座り作業が続く場合、腰まわりの筋肉が硬くなり、血の巡りが悪くなることで虚血性の痛みが生じやすくなります。長時間同じ姿勢でいることで骨盤は徐々に後傾し、椎間板や椎間関節に過度の圧力がかかることで腰痛を生じやすくさせます。

長期間の悪い姿勢は腰のアーチが変形を誘発させ、体にかかる衝撃が吸収されにくく、周りの筋肉や軟骨、骨に負担がかかってしまうことになります。長時間の同じ姿勢はなるべく避け、体を動かして出来るだけ筋肉の疲労をとってあげるように心がけましょう。

201902リハブログ          図:腰への負担を数値化した場合(立った姿勢を100とした場合)

 

 

 

 

 

 

2018年10月29日:体の重心の位置、重心線について

10月も終わりが近づき、朝夕の気温差が大きくなってきました。

今回は、立っているときの重心の位置、重心線についてお話したいと思います。

 

人の重心は骨盤内で仙骨のやや前方にあります。重心の位置を足底から計測すると、成人男子で身長の約56%、女子では約55%の位置にあります。(重心の位置はプロポーションによって個人差があり、小児では相対的に高位にあるために立位姿勢保持が不安定となります。)

また、理想的な立位姿勢とは、後方および側方から観察して、次のような解剖学的指標が一直線に整列している場合をいいます。この直線はほぼ重心線に近似しています。

1⃣側方バランス

後方から見て、つぎの5指標が同一面にあって、垂直であるとき、側方バランスが良い。

①後方隆起②椎骨棘突起③殿裂④両膝関節内側の中心⑤両内果間の中心

2⃣前後方向のバランス

側方から見て、つぎの5指標が同一面にあって、垂直であるとき、前後方向のバランスが良い(成人男性)。

①耳垂のやや後方②肩峰③大転子④膝関節前部(膝蓋骨後面:膝前後径の前1/3⑤外果の前方

201810リハブログ

それぞれの指標と上の図を照らし合わせて、運動開始時、動作時などに、意識してみてさい。

2018年8月17日:自助具について

厳しい残暑が続いていますが、皆様におかれましてはいかがお過ごしですか??

さて、今月は自助具について、書かせて頂きます。

 

自助具とは、心身機能・身体構造上の理由(身体障害)から、日常生活で困難を来している動作を、可能な限り自分自身で容易に行えるように補助し、日常生活をより快適に送るために、特別に工夫された道具のことです。 (例 グリップを太くし握りやすくしたスプーン、ピンセット箸、ボタンエイド、コップホルダーなど)

自分自身では出来ないと諦めていたり、人に依存していたことが自助具を使うことにより可能になると、物理的に生活の幅が広がるだけでなく、精神的にも積極性が出てくるなど、自律生活を高める効果が期待できます。

 

では、当院にある自助具を一部ご紹介いたします。

 

スポンジハンドル

スプーン、歯ブラシ、ボールペンなどの柄を差し込み、太くして持ちやすくします。 握力の弱い方、指の細かい動きが苦手な方も、太くて弾力のあるスポンジゴムで持ちやすくなります。

DSC_0970

ピンセット箸

普通の箸にピンセット様の金具がついて、握るとものがつまめる様になっています。

DSC_0972

ボタンエイド

手指に障害がある人がボタンを留めるために、ボタン穴に差し込み、ボタンを引き出してボタンをかける道具です。

DSC_0973

ソックスエイド

股関節疾患や膝関節疾患などが原因で脚を曲げられず手がつま先まで届かなくなってしまった方が、自分で靴下を履くための自助具です。また妊娠中や腰痛など姿勢の制限で靴下を履きにくい方にも便利です。

DSC_0971

リーチャー

手の届かない所にあるものを掴み取ったり、たぐり寄せたりするための道具の一種です。

DSC_0974

この他にも自助具には様々な種類があり、自助具として既製品もあれば、100円均一などで売っているもので代用できるものもあります。また、ちょっとした工夫をすることで、手作り自助具を作ることができます。

 

是非、自助具を活用していただき、快適な日常生活をお送りください。

寝苦しい夜が続いています。くれぐれもご自愛ください。

2018年7月23日:腰痛について

腰痛の原因

腰痛症の原因はさまざまですが、腰痛のうち原因が特定できるものは15%程度と言われています。代表的なものは圧迫骨折や椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などがあります。

一方、残りの85%はX線などの検査をしても原因が特定できないと言われています。このような腰痛では生活習慣や姿勢、ストレスや不安など心の状態が影響していることもあります。

今回は、腰痛に対する体操をご紹介したいと思います。

腰痛体操1

ウィリアムスの腰痛体操は、腹筋・大殿筋・ハムストリングス・背筋群のストレッチを行うことで、腰部にかかる負担を軽減することを目的とした体操です。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部を曲げる(前かがみ)で痛みが増強するような場合には適切な方法ではない事も多くあり注意が必要です。

マッケンジー腰痛体操の良い点は、それぞれ患者様の痛みを分類し患者様に合った内容で治療が行われる点が良い点であります。

そのため、痛みの正しい評価を行わずに体操だけを行うのは逆効果になる場合があります。

腰痛体操2

今回は腰痛体操をご紹介させて頂きました。

実際に腰痛でお困りの方はまず痛みの原因を特定することが重要であります。

当院では毎週月曜日の午後に腰痛外来を行っております。まずはご相談下さい。

2018年3月22日:自助具について

日増しに暖かくなり、早春の息吹を感じるこの頃ですが、お変わりございませんか。

今回は『自助具』をご紹介します。

『自助具』とは身体の不自由な方が日常の生活動作をより便利に、より容易にできるよう工夫された道具のことをいいます。 道具を上手に利用することで関節への負担を最小限にし、日常の生活を行うことで痛みの軽減や関節の保護・変形の予防が期待できます。

 

≪食事の際に便利な道具≫

*太柄のスプーンやフォーク、いろいろなものに巻けるグリップ

持ち手を太くすることで握り易くなります。巻くタイプのものはナイフやフォーク、ペンや歯ブラシにも使えます。シリコン製やスポンジ製があります。

*角度調節スプーン・フォーク

首と柄の両方を食べやすい角度に曲げて使えます。可動域制限による動作困難を解消することもできます。

*グリップ付きの箸・ピンセットタイプの箸・クリップタイプの箸

少しの力で使えるお箸です。

自助具1自助具2

≪着替えの際に便利な道具≫

*ファスナーボタンエイド

ファスナーの上げ下げやボタンの留め外しが楽にできます。

自助具3

*くつ下エイド

前かがみならずにくつ下を履くことができます。

自助具4

 

≪身だしなみを整える際に便利な道具≫

*長柄くし・ブラシ

柄が長いので頭に手が届かなくても使えます。ブラシの角度や持ち手の太さを調整することもできます。

自助具5

≪入浴の際に便利な道具≫

*長柄の洗体ブラシ自助具6

柄が長いので背中など手が届きにくいところを洗えます。

 

≪炊事の際に便利な道具≫

*刃に力が伝わりやすい包丁

柄の部分を使いやすい角度に変えられ、テコの原理で刃に力が伝わりやすく手首への負担を抑えられます。

自助具8 自助具7

≪日常生活に便利な道具≫

*リーチャー・マジックハンド

手の届かないところにあるものを取ったり引き寄せたりできます。

自助具10        自助具9

*置いたまま使えるハサミや爪切り

テーブルの上に置いたまま上から押さえるだけで切ることができます。

自助具11

*指に巻いて使えるタッチペン

指の太さに合わせてフィットし、スマートフォンやタブレットを簡単に操作できます。

*ペットボトルオープナー

少しの力でペットボトルの蓋や飲料缶のプルトップを開けることができます。

自助具13

今回ご紹介させていただいた中に何か目に留まるものはありましたでしょうか?この他にも自助具は用途により様々なものが開発されています。ご自身に合った道具を選び、楽に日常の動作を行えるようにしましょう。道具選びでお困りのことなどありましたらリハビリまでご相談ください。

自助具14

 

*日本リウマチ友の会のHPでも自助具について紹介されております。ご参考になさってください。

http://www.nrat.or.jp/jijogu.html

2017年11月15日:松葉杖について

長さは、足の小指の外15cm、前に15cmぐらいにします。幅が狭いと足で杖を蹴ったり、不安定になります。この時、杖の上部は、脇の下から指2~3本分下にします。握るところは、肘を軽く曲げて、約30°ぐらいにします。歩行時は、脇を閉めて、腕で杖を固定します。

歩行は、体重を全く足に乗せてはいけない場合は、両方の松葉杖を同時に出して、良い方の足をだします。この時、悪い方の足は浮かせて、体重を乗せていません。体重を少し乗せてもいい場合は、両方の松葉杖と悪い方の足を同時に出して(松葉杖で足に乗せる重さを調節します)、良い方の足を出します。

医師から、悪い方の足にどれだけ体重を乗せていいかという指示を、必ず守ってください。松葉つえ

2017年9月26日:正しい靴の履き方について

朝夕はめっきり涼しく、過ごしやすくなりましたが、お変わりございませんか。

秋と言えばスポーツの秋、外出する機会も増えてきますね。

 

今回は、正しい靴の履き方について紹介したいと思います。

4518-300x300

正しい靴の履き方

①腰を掛ける

腰掛の高さに注意する

②靴ひもやマジックテープを緩める

履き口を大きくして足を入れやすいように準備する

③踵を踏まないように足を入れる

靴べらやリーチャーを利用し、無理のない姿勢で行う

④靴に踵を合わせる

⑤靴ひもやマジックテープで固定する

靴べらやリーチャーを利用し、無理のない姿勢で行う

つま先の方から足に合うように調整していく

 

参考にして頂き、快適な屋外活動を過ごしてくださいね。

2017年7月3日:関節保護について

ひまわりが日に日に背を伸ばすこの頃、皆様お元気にお過ごしでしょうか。

今回は、関節保護についてご紹介したいと思います。

関節保護を実践することによって、痛みを和らげたり、変形の発生を遅らせたり、身体機能が維持できるようになります。

 

関節保護の原則

  • 痛みを誘発したり強めたりする姿勢、動作などを避けましょう。

・布団、マット:身体が沈まない程度の硬さにして、背骨が曲がりすぎるのを防ぎましょう。

・枕:低めのものを使い、首の骨が曲がりすぎるのを防ぎましょう。

・掛け布:温かく軽いものを使い、掛け布の重みで変形が助長されるのを防ぎましょう。

・椅子座位:背もたれが高くて垂直な椅子に深く正しく腰掛けましょう。

・立位:直立位を心がけ、両脚に平均して体重をかけましょう。

・歩行:腕に力を入れずに、両手を自然に振りましょう。引きずり歩行を避けましょう。

・小さな関節や筋肉に負担をかけず、出来るだけ大きな関節や強い筋肉を使いましょう。

・片側だけに負担をかけず、両手で動作を行いましょう。

・関節に無理のかからない動き方や手(指)の使い方を習慣付けましょう(例えば、中腰での作業、強  い握りなどを避けることなど)。

・動作や活動が苦痛になったときは、直ちに中止しましょう(苦痛になっても途中で中止できない動作や活動は、あらかじめ避けるようにしましょう)。

 

  • 関節破壊や変形を助長する姿勢、動作などを避けましょう。

 

  • 安静と活動のバランスを考慮しましょう(安静は必要ですが、動くことも大事です)。

・十分な睡眠をとりましょう(昼寝も含めて)。

・終日まったく動かないのは良くありません。無理のない範囲での活動は行いましょう。

・仕事中は、小刻みに短時間ずつ休憩をとりましょう(体力の消耗を防ぎながら、耐久性を付けることにつながります)。

・同一姿勢を長時間にわたってとらないようにしましょう。

・努力を強いる動作や活動を避けましょう(関節破壊防止にもつながります)。

 

  • 関節保護や体力消耗防止に役立つ、自助具・市販の器具・装具を用いることも良いです。

 

  • 心身のエネルギーの不必要な消耗を防ぎましょう。

・家族の適切な援助や協力、思いやりは、何にも増して精神的安定につながります。

・明るく楽しい雰囲気作りを心がけましょう(壁やカーテン・家具の色、家族との会話など)。

・合理的に動けるように、物の配置や家屋構造を考えましょう。

 

では、具体的に、日常生活で避けたい動作を10項目ご紹介いたします。

 

1. 首に合わない高い枕を使う。

2. 膝を曲げて寝る。

3. 正座をする。

4. 和式トイレを使用する(低い椅子の使用)。

5. 床からの立ち上がり。

6. 長距離歩行をする。

7. ハイヒールなどの踵の高い先細りの靴を履く。

8. 買い物袋をたくさん持つ。

9. 手拭いや雑巾を絞る。

10. ひねり蛇口の開閉。

 

あくまで一例です。また、避けたい動作は患者様ごとに様々でもあります。

是非、関節保護を実践して頂き、リウマチの進行を防いでください。

暑さ厳しき折り、皆様のご健康をお祈りいたします。20170703

次の10件 >